知らなきゃヤバイ!リノベーションと法律

リノベーションお役立ち情報がいっぱい!

今流行りのリノベーションは、安い価格で自分の住みたい理想の家にするのに最も適した方法です。
同じ扱いと思っている方も多いですが、リフォームとは根本の考え方が違います。
リフォームというのは、老朽化した建物を新しくするようなものであり、マイナスの物をプラマイゼロに戻す工事です。
前者の方は、骨組み以外全て取り替えるという大規模な工事になる場合もあります。
法律上で問題になる場合もあるので、しっかりと知識を持っておきましょう。

法律上のリノベーションの扱い

法律上のリノベーションの扱い 古い住宅が多くなっている今の日本では、まだ住める状態だけどそのままでは買い手が付きにくい物件に対して、リフォームではなく、リノベーションを施して再び物件としての価値を見いだす取り組みが行われています。
そのような中で、立地条件などを満たした手頃な物件を見つけた時に、リノベーションして住もうと考えている方に注意点があります。
法律上でその物件がリノベーション可能かどうかというのを事前に調べておく必要があります。
例えば、敷地に対して建築の割合が増えてしまうと建築基準法を犯してしまう可能性があるからです。
新たに住宅登記する場合には、この建築基準法の全ての要件を満たす必要があるのです。
ですからその部分もしっかりと吟味してから物件を選ぶようにしましょう。

リノベーションには法律的な注意を払いましょう

リノベーションには法律的な注意を払いましょう 中古住宅を購入してリノベーションで新しく改装しようとする動きは、今では非常に活発になっています。
実際、リノベーション業者は非常に多くなっているからです。
そして、その中にはやはり悪質な業者もいて、法律をないがしろにしている業者も実はあります。
そのために依頼をする側においても注意を払う必要があるのです。
それではどの様な法規制が関係して来るのでしょうか。
最も大きな法規制は建築基準法に関係する部分です。
と言うのも、建築基準法は新規で建てる建物に関係するだけでなく、リノベーションをする場合にも適用されるからです。
それでは具体的にはどの様な改装が当てはまるのでしょうか。
一番良い例が増築に関係して来る物と言えます。
住宅には建てても良い範囲が決められています。
例えば建ぺい率の様な面積的な制限がありますし、高さにおいても制限が発生するのです。
また、防火などに関係する部分でも制限が発生して来ます。
そして、これらの部分について注意をしないと、住宅が違法建築の建物に変わってしまうのです。
それではどの様な対策があるのでしょうか。
これは、やはり施主側でも知識を蓄えることが一番の対策です。
悪徳リノベーション業者から自宅を守る上でも、法律を知り、注意を払う様にしましょう。

大阪でのリノベーションについて詳しく知りたい

リノベーションは大阪で