知らなきゃヤバイ!リノベーションと法律

リノベーションの費用

リノベーションの費用

リノベーションの費用 リノベーションにかかってくる費用の内訳は、物件購入費・施工費・住居費の3つに分けられます。これから物件を購入する場合、注意しておきたいのが物件購入代金以外にも仲介手数料や登記代、税金などといった諸経費がかかる点で、これらは全て安い金額とはいえないため、物件購入前にしっかり確認してどれくらいの金額が必要となるのか計算しておくことが大切になってきます。
また、すでに物件を購入している場合や、親から引き継いだ建物がある場合ではこの代金は不要となります。施工代金は、実際のリノベーションにかかる費用のことで、部分的に行う小規模のリノベーションから骨組み以外全て解体してしまうスケルトンリフォームまで規模は大小さまざまなので、自分の予算と目的を明確にしながら施工会社としっかりと話し合うことがリノベーション成功の鍵となってきます。
住居代金は、施工後の新生活に伴って発生するお金のことで、引越しや新しく家具・家電を揃えるためのお金、固定資産税などの税金や手数料などが含まれます。

リノベーションの費用を抑えるコツにはどんなものがあるの?

リノベーションの費用を抑えるコツにはどんなものがあるの? リノベーションの費用を抑えるには、まず相場を知る必要があります。数社の業者に見積もりを出してもらい、相場を知ることから始めましょう。そして業者を選ぶと同時に、設備(キッチンやバスなど)のグレード、床や壁の素材なども決めていきます。キッチンは最もコスト的な差が出やすい場所で、こだわればこだわるだけ高価になります。水回りは基本、工事費が高くなるので、お風呂の場合はユニットバスにすることで抑えられます。
他にはリノベーションの基礎部分を業者にしてもらい、後は自分たちですることでも費用は抑えられます。具体的には塗装や壁紙貼りや床張りなどですが、作業を楽しめる人や、時間と労力がある人にはおすすめです。
あとは国の減税制度や補助金制度を活用することも有効で、自治体には省エネやバリアフリーに関する補助金もあります。ローンは金利の低いものを選んだり、利用できるものはすべて利用することでもコスト削減が可能です。